さくらんぼの作柄状況がだいぶつかめてきました。 園によりばらつきがありますが、南アルプス市全体は例年に比べて半数以下の収穫量となりそうです。 実りが少ない場合、実は大きく、甘く育つ傾向がございますが、市場価格は高騰するかもしれません。 観光農園としましては、収穫量が少ないからといって入園料を値上げできないのがつらいところです。 「1年間手塩にかけて育てても天候に左右される。さくらんぼは難しい・・・」どの農家さんも口をそろえてそういいます。

農園によっては開園日を待たずしてすでに受入可能な予想人数を予約が上回り、「予約満杯」の日が続出しております。 以前お伝えしたとおり、ご予約の早期受付終了が現実となっております。
さくらんぼ狩りを山梨で!」は、貴重な体験となるかもしれませんので、お早目のご予約をあらためてお勧めいたします!